ひとひ

夫と0歳の息子とシンプルな暮らしを目指しています

小まめ家事の利点、室内干し

出産前、まだ夫と二人で暮らしているとき、洗濯は2・3日に一回でした。
というのも、夫が仕事で帰宅しない日があるので、一人分の洗濯物を洗っても水の無駄だしなぁと思って、まとめ洗いをしていました。


息子が生まれて里帰りから帰ってきた後も、「毎日洗うのしんどい」と思って、出産前とほぼ同じ頻度で洗濯をしていました(汚れたりしてイレギュラーで洗うことも多々ありましたが)。


我が家は基本的に夜お風呂を出てから洗濯機を回します。
部屋に干すので室内干し用の物干しスタンドを使い、扇風機のタイマーをつけています。
室内干し用のスタンドが大きいこともあり、なんとか2日分干すことができました。
翌日晴れていたらベランダに出し、雨だったらそのまま室内干しをしています。


翌日が晴れだったらいいのですが、天気が悪いときは室内干しを続けなければなりません。
でも、量が多くて密着して干しているので、扇風機をつけても風がうまく当たらず、その日のうちには乾かないことが多かったです。

そうすると部屋干し独特のにおいがしてきます。
それでは洗濯をした意味がない!

なので、毎日洗濯をすることにしました。


毎日洗濯をするのはしんどいかな? と思ったのですが、まったくしんどくなかったです。

前は干す量が多かったので、考えながらじゃないと干しきれなかったのですが、今は考えずに干すことができます。
(角ハンガーのこの位置にこの洗濯物を干す、とほぼ決めてあります)

隙間を空けて干すことができるので扇風機の風がよくあたり、翌朝にはほぼ乾いています。
(気温が高いからというのもあると思いますが)
ベランダに出すのも楽だし、雨の日はもう一度扇風機をあてておけば完全に乾きます。

畳むのも量が少ないからあっという間。
洗濯物から嫌なにおいがしてこない。

本当にいいことずくめ!

今のところ我が家では、まとめ洗いよりも毎日洗濯をするのが良さそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ