ひとひ

シンプルな暮らしを目指しています

引っ越しで痛感したこと、物が多い

引っ越しをするのは人生で5回目です。


1回目は小学1年生の時で、おじいちゃんの家に行っている間に引っ越しが終わっていました。

中学生の時にした2回目と3回目の時(建て替えに伴う引っ越し)は、部活に行って帰ってきたら終わっていました。
(自分の荷物の梱包と荷ほどきはしましたが)

4回目は夫と暮らし始める時で、ほとんどのものを買い揃えなければならなかったので、引っ越し作業をしたという実感がありませんでした。



実質、5回目の今回が初の引っ越しです。

生活をしながら梱包をするのが、こんなにもしんどいものだとは思いませんでした。

引っ越し先が近く、車で運べるものは少しずつ運んでいたので、家財道具の全てを梱包したわけではないのですが、それでも大変でした。

やってもやっても終わりが見えない。

終わるのか?

いや、終わらせなければならない!

夫は泊まり勤務でいなかったので、息子を寝かしつけた後のヘロヘロの体で梱包をするのは、体力も気力も振り絞る思いでした。



そこで痛感したのは、『やっぱりまだまだ物が多い』ということです。

引っ越しに向けて少しずつ物を処分したりしていたのですが、まだまだ甘すぎたようです。

物が少なければ、もっと引っ越しが楽だったのに。

トランク1つ分とまではいかなくても、まだまだ余計なものが多いから、こんなにも引っ越しが大変だったのだと思います。


とりあえず全ての荷物を収納に収めたのですが、収納の中がカオスです。

これから少しずつ整えていきたいと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ