ひとひ

1歳子持ちずぼら主婦がシンプルな暮らしを目指します

これから子育てをする方にオススメしたいもの

Yahoo!ニュースにこんな記事がありました。



出産後、この一年間を支えてくれたのは夫、実家の母、そしてtwitterです。

妊娠中から同じ頃に出産予定の方をフォローさせていただいていました。
(今月出産予定の場合は#2017oct_babyのハッシュタグで検索します。年号や月を変更すれば、他の年や月で検索できます)

誰かが出産すれば喜び、私の出産も祝っていただきました。



私の夫は車を使って仕事をしているので、睡眠不足だと危険です。

なので夜中起こすことはできませんでした。

孤独な気持ちになりがちな夜勤(夜間授乳)のときにtwitterをのぞくと、同じように夜勤をしている方がいて、「私だけじゃないんだな。どこかで同じように夜勤を頑張ってるんだな」と励まされました。

小さな赤ちゃんと2人きりで室内での生活を余儀なくされると、外界と遮断されたみたいな気持ちになってしまうことがありました。

twitterでつながっていたことで、多少なりとも外と繋がっている感覚になれたし、素直に「つらい、苦しい」と吐き出しても、誰かが「どうしたの?」と声をかけてくれました。

分からないことがあると、先に出産した方や上にお子さんがいる方から「こうするといいよ」とアドバイスをいただくこともありました。



世の中には子育てをするのに便利なグッズがたくさんあります。

物理的な不便さは、便利グッズを使って、できるだけ軽くするのがいいと思います。

でもそういうのを使っていても、慣れない生活にイライラしたり、鬱々したりすることもあります。

そういう気持ちの面を支えてくれるのが、私の場合はtwitterでした。

どうしても、今すぐに気持ちを外に出さなければ、自分がペシャンコになってしまいそうな時がありました。

そういうときにtwitterで呟くと少し楽になったし、誰かがコメントを送ってくれることもあって、そういうのに救われました。



これから出産する方に「何かオススメのグッズとかありますか?」と聞かれたら、間違いなく「twitterで出産予定日が近い人と交流するといいですよ」と答えます。

それくらい、初めての子育ての支えになりましたし、これからもお世話になるんだろうなと思っています。

住んでいる場所も、環境も、年齢も違うし、顔も知らない。

同じ時期に子供を産んだだけ。

でもだからこそ、素直に話せる事もあると思うんですよね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ