ひとひ

ひとひ

ずぼらだからこそシンプル&ミニマムに

破れた絵本を修理しました

息子の場合、絵本は読むというよりも『舐めるもの』です。

他の赤ちゃんがどうなのか分からないですが、息子は絵本をよく舐めていました。

(最近ようやく舐める回数が減ってきましたが)

おかげで絵本がボロボロです。

こんな感じ。

でもここはまだましな方です。

写真に撮るのが躊躇われるくらいぐしゃぐしゃのページがあります。

このままではさらにボロボロになってしまう! と思い、修理をすることにしました。

【日本製】絵本強力補修テープ5m(ビニール用強力補修テープ) H-22-B

【日本製】絵本強力補修テープ5m(ビニール用強力補修テープ) H-22-B

購入したのはこちら。

普通のセロハンテープでは本を傷めてしまうので、専用のテープを買いました。

それを適当な長さで切って、傷んでいる部分に貼ります。

余った部分をハサミで切り取りました。

テープを貼ったのが分かる見た目ですが、読めればいいので問題なしです。


私は本を丁寧に扱って欲しいなと思っていますが、息子はまだこちらの言うことを明確に理解できないので、ぐしゃぐしゃにしてしまうこともあると思います。

ぐしゃぐしゃにしてしまったときに、「なんでぐしゃぐしゃにしちゃうの!」ではなく、「直せば大丈夫だよ」と言えるので、気楽に絵本を息子に渡すことができます。

息子は私が絵本を読むよりも、自分で絵本をめくるのが楽しいみたいなので、自由に絵本を手にして欲しいのです。

多少ぐしゃぐしゃにしながらでも、今は絵本をペラペラめくったりしながら、親しんでもらえたらいいなと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ