ひとひ

ひとひ

ずぼらだからこそシンプル&ミニマムに

化粧が苦手だからキーワードを決めてメイクをする

出かける日は極力メイクをするようにしています。



骨格診断を受けたときに「疲れた格好に見える」と相談をしたところ、輝きのあるタイプのピアスをしたり、艶のある化粧品を使うといいかもしれないとアドバイスしていただきました。



私は化粧にそれほど興味がありません。

独身のときに化粧の得意な友達にデパートのカウンターに連れて行ってもらったり、メイクレッスンを受けたこともありますが、やはり基本的に好きになれない。

出産前までパートで働いていた工場は医療機器を作っていたのでメイク禁止。

日常的にメイクをする習慣がなく、すっぴんで出歩くことに抵抗感がないです。

(肌が綺麗というわけではなく、ただ単純に化粧をするのが面倒くさいだけです)

化粧をする時は「化粧をしないといけない場所や年齢だからする」という義務感に近い感じでした。



普段から身支度を整えようということで、出かける日は化粧をするようにしています。

「ツヤ感」というキーワードでメイクをするようになりました。

そもそもメイクテクニックがないので、化粧をしても、あっと驚くような変化はありません。

ですが、キーワードを決めてメイクをすることで、ビフォーアフターの変化が分かりやすくなると感じました。

化粧をして変化が実感できれば、メイクに対するモチベーションが上がります。

どのようなアイテムを使ったらいいのかよく分かっていないのですが、私なりにツヤ感(キラキラ?)を出すために使っているアイテムです。

黒いのはチークで、これは元々使っていました。

パウダーは無印で、場所によって使い分けています。



以前は化粧後の顔が見慣れなくて違和感があったのですが、最近は化粧をしていない顔だと物足りなく感じるようになってきました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ