ひとひ

ひとひ

ずぼらだからこそシンプル&ミニマムに

上り階段に突っ張りラックでベビーゲートをつけました

昨年の年末、息子が階段を登れるようになりました。

少しずつできることが増えてすごいな、と思うと同時に、緊急に対策をしなければならない場所が!

それは上りの階段。




我が家は階段に扉がついていません。

下りの階段は引っ越し早々に対策をしました。

ネビオ ゲートル Guetre

ネビオ ゲートル Guetre

間取りの関係でこちらのタイプしか設置することができませんでした。

少々使い方に癖はありますが、便利に使っています。

上りの階段は「まだ登れないからいいよね」とそのままでした。



上りの階段は屋根裏収納へと続く階段です。

一日に何度も上り下りする場所ではありませんが、全く足を踏み入れない場所でもない。

大きなベビーゲートだと屋根裏収納への出入りがしにくくなってしまう、と考えていたところ、ひらめきました!



家にあった突っ張りラックをベビーゲート代わりに設置してみました。

こんな感じ。

高さは階段一段分より少し高いくらいでしょうか。

息子の場合は階段の一段目を登ることができなければその上へ登ることができないので、この高さでも十分にガードできています。

長さ調節はネジでおおよその長さを固定してから、先端の棒を回転させることで突っ張ります。

突っ張り棒よりも頑丈なので安心です。

このガードのメリットは、またげる!

市販品だと高さがたかいものも多く、背の低い私はおそらくまたげない。

扉の付いているものだと値段が高い。

これだと私でもまたげるので、階段の上り下りをすることができます。

一時期しか使わないものだから、他のもので代用できるならそのほうがいいですよね。



でもこれは専用の製品ではないので、やるときは自己責任だと思います。

万が一外れることがあるかもしれないので、下りの階段では絶対に使用しない!

下りの階段は面倒でも専用のもののほうが安心だと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ