ひとひ

ひとひ

シンプルに楽に、暮らしをアップデート

夫にもちょい家事をしてもらう工夫、靴下の漂白

夫、靴を履いたまま動き回る仕事をしています。

どうしても靴の中が蒸れるようで、帰って来ると靴下から何とも言えない臭いがしてきます。

夫自身も「足が臭い、靴下が臭い、靴が臭う」と気にしている様子です。

毎日仕事を頑張ってくれているんだなぁと思うし、靴下が臭うこと自体は仕方がないと思っています。

でも、朝起きたときに洗面所が臭っているとあまり良い気分はしません。

(我が家は夜洗濯なのですが、夫の帰宅が遅いので帰って来る前に洗濯を終えてしまいます)




今までは朝、洗面所の臭いが気になったときだけ靴下を酸素系漂白剤で漂白をしていたのですが、臭いが強い日以外も漂白をしたい。

そして『自分でできることは自分でやって欲しい』(出来るだけ私の負担を減らしたい)ので、夫に靴下の漂白をしてもらうことにしました。






用意したのはセリアで買った小さな容器です。

靴下だけを入れるには少し大きめですが、他のものを漂白したいときにも使えるように少し大きめにしました。

洗濯機の上の棚、夫のパジャマを置いてある隣に容器を置いておきます。



仕事から帰ってきたら容器に靴下を入れて、酸素系漂白剤を適当に入れます。

そして、お風呂に入ったときにお湯を入れるだけ。

容器はそのままお風呂場に置いておきます。

翌日、洗濯機を回すときに靴下を一緒に洗濯機に入れ、容器は元の場所に戻します。




夫に靴下の漂白をしてもらうのに気をつけたポイントは『洗濯機上のスペースで全てが完結する』ようにしたことです。

酸素系漂白剤は洗面台の下にしまっていましたが、洗濯機上のスペースで全て完結できるよう、夫の下着を入れているスペースに漂白剤のボトルを移動しました。

毎日のことなので手間がかかったり、難しかったりすると夫も負担に感じてしまうかもしれないので、できるだけ楽に作業できるようにしました。

夫も特に負担に感じることなく、靴下の漂白をしているようです。





▼エキサイトさんの【もの、ごと。】に参加させていただくことになりました。 ブロガーさんたちの知恵がたくさん詰まってます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ