ひとひ

ひとひ

年中の息子と夫の3人暮らし。持たない暮らし、プラスチックフリーやゼロウェイストを心がけたシンプルな暮らしを目指しています。

日焼け止めに求める基準、基準を決めることで買い物を楽にする

f:id:nobuevery:20210109090325j:plain

化粧はほぼしませんが、日焼け止めだけは毎日塗ります。

特にこのメーカーのこの商品というこだわりはありませんが、日焼け止めを買うときに決めていることが2つあります。

石けんで落とせる

化粧をほぼしないこともあり、クレンジングを持っていません。

石けんだけで落とせるので時短にもなります。

チューブ型であること

プッシュ式の方が毎回一定量の日焼け止めが出てくるので便利です。

でも、少なくなってくるとプッシュしても出てこなくなるし、だからといって蓋を外してみると中身が残っていることが多く、最後まで使い切るのが難しいと感じました。

チューブ型なら歯磨き粉のように蓋を下にして置いておくことができるので中身が出てきやすいです。

最後の最後はパッケージを切れば使い切ることができます。



ドラッグストアでは色々なものを販売しています。

選ぶ際に「自分なりの基準」があれば、たくさんある商品の中から自分に合ったものを選ぶのが楽になると思います。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ