ひとひ

ひとひ

小1の息子と夫の3人暮らし。持たない暮らし、シンプルな暮らしを目指しています。

タオルの匂いをなんとかしたい! 過炭酸ナトリウムで洗濯するためにお風呂場のシャワーホースを取り替えました

うちは夜に洗濯をしています。

私と息子のお風呂が終わった時点で洗濯機を回すので、それ以降に帰ってきた夫の着替えやお風呂後のタオルは翌日に洗濯することになります。

冬はそれほど匂いが気になることはないのですが、夏はすぐに匂ってきます。

ときどき煮洗いもしますが、はっきり言って面倒臭い。



『ベリーの暮らし』のベリーさんが過炭酸ナトリウム(=酸素系漂白剤)で洗濯をしているのを読んで、過炭酸ナトリウムでの洗濯をしたいとずっと思い続けて来ました。


過炭酸ナトリウムを使うメリット

過炭酸ナトリウムは「漂白」「除菌」「消臭」「環境への負荷が少ない」というメリットがあります。

うちの場合は特に匂いを防止したいので、除菌・消臭してくれる酸素系漂白剤はうってつけです。

また、使用後は炭酸ナトリウム・酸素・水に分解されるので自然に優しい素材です。

無臭なので香料に弱い私でも使いやすく、普段から過炭酸ナトリウムは食洗機の洗剤や水筒の漂白などに使用しているので新たに買い足す必要がないことも魅力です。


お湯を使いたい!

そこでネックになるのがお湯です。

過炭酸ナトリウムは40度以上の温度で効果を発揮します。

間取りの関係で洗面台もお風呂場のシャワーも洗濯機に届かず、お湯を入れることができません。

残り湯を使うのは抵抗感があるのでどうすれば洗濯にお湯を使えるかと考え続けていたのですが、良い商品を見つけることができました。


蛇口にホースを取り付けることは可能か?

蛇口の泡沫金具を取り外してセットするとホースをつなぐことができるジョインターです。

お風呂のカランの泡沫金具を外せば取り付け可能では? と思い、ダメ元で購入をしました。



水垢が付着して泡沫金具がかたくなっていましたが、お湯に浸したらキャップを外すことができました。

さっそく取り付け!

と思ったら、入らない…

サイズが全く合わず、取り付けることができませんでした。

メーカーや型番によっては取り付けできないこともあるようです。

きちんと確認をしなかった私が悪い。

無念。

でも、でも、諦めたくない!


シャワーホースを長いものに交換

うちの浴室のシャワーのホースは1.8mです。

これでは洗濯機に届きません。

3mあれば余裕をもって届きそうです。



4000円以上するので繋がらなかったらどうしようという不安が若干ありましたが、思い切って注文しました。

ホースを繋ぐネジがかたくなっていましたが、こちらもお湯をかけたら手で回してホースを外すことができました。

ホースに付属されていたジョインターを取り付けてホースを取り付けることができ、シャワーヘッドもホースに繋ぐことができました。



これで洗濯機までホースが届きます!

もうちょっと短くてもよかったかもしれません。



以前のホースはこれくらいの長さでした。



3メートルのホースだとこんな長さになります。


過炭酸ナトリウムで洗濯

洗濯機にお湯を溜め、15リットルに対し大さじ1の過炭酸ナトリウムを入れます。

洗濯物を入れ、過炭酸ナトリウムを溶かすために数分回し、つけ置きします。

うちの洗濯機の場合1時間後に仕上がりのタイマーをすると30分くらい漬けおきをしてから洗濯機が動き始めるので、1時間タイマーにして洗濯をしています。

洗い時間は短くても良いそうなので5分に設定し、濯ぎは1回です。

(時間があるときはもっと長く漬けたり、時間がないときは洗い時間を長めにしてそのまま洗濯してしまいます)


手間はかかるけど…

ホースを長くすることで洗濯機にお湯を入れることができるようになり、過炭酸ナトリウムで洗濯をすることができるようになりました。

匂いも抑えられていると思います。



洗濯機から直接水を入れるよりも手間はかかります。

洗濯機なら自動で水量を調節してくれますが、シャワーなので自分で水量を調節して止めなければいけません。

ホースが長くなったことで、入浴時には多少取り回ししにくいな感じることもあります。

ですが、それ以上にお湯で洗うメリットが上回るので、お湯を使った過炭酸ナトリウム洗濯を続けていきたいと思います。