ひとひ

ひとひ

シンプルに楽に、暮らしをアップデート

増殖しがちな洗剤類の見直し、なくても大丈夫かも

また少しずつモノを少なくしたい時期に入ってきました。


クリームクレンザーは重曹

目をつけたのは使用頻度の低いクリームクレンザー。

キッチンの作業台やシンクが汚れてきたらクリームクレンザーで磨いていたのですが、これって重曹で十分じゃない?

試しにやってみたら重曹でも十分綺麗になりました。


トイレ掃除

トイレ掃除はアルコールスプレーを使っていたのですが、今やアルコールが貴重品なので、ひさしぶりにトイレ用の洗剤を買ってきました。

使ってみると香りが強い…。

そうだ、私、香りに弱いんだった。

でもアルコールは使えないしなぁとネットを検索していたら、クエン酸水をスプレーしてトイレの拭き掃除に使えるということを知りました。

クエン酸なら香りもないし快適に使えそう。



今は流せるトイレブラシを使っています。

消耗品の数を少なくしたいのですが、従来のトイレブラシを置くのはどうしても抵抗感が…。

擦らずにどうにかならないものかと検索をすると、擦らないトイレ用洗剤があるようです。

塩素系の洗剤みたいなので、キッチン用の泡ハイターで代用可能かもしれません。

泡ハイターは胃腸炎やウィルス対策に1本置いておいた方が良いかなと思っているので、汚れが強くなってしまったときはこれで大丈夫そう。

(胃腸炎の排泄物や嘔吐物の処理の際に泡スプレーをしてから処理すると良いそうです)

軽い汚れの時は重曹クエン酸スプレーで発泡させたり、酸素系漂白剤で掃除してみます。


排水溝掃除

洗面所の排水溝の掃除も、大きなボトルの専用洗剤を使っていました。

試しに重曹クエン酸をまぶして熱湯を注いでみたのですがそれだけでは綺麗にならなかったので、胃腸炎対策で備蓄しているキッチンハイター(液体)をかけて、しばらく置いてから流したら中まで綺麗になっていました。

排水溝用の洗剤も必要なさそう。


くん煙剤

お風呂場に定期的にくん煙材を使っていたのですが、これって本当に必要?

試しにしばらく使わないでいてみようかな。


兼用すれば洗剤は減らせる

洗剤は油断するとどんどん増殖していきます。

あるものを活用できないか考えたりネットで検索する癖をつけるようにしないと、と感じました。

特に私は買い忘れが激しいので、洗剤類は数を絞って兼用したほうがよさそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

2020年5月の振り返り

緊急事態宣言で先が見えずに苦しい一ヶ月間になりました。

とてもじゃないけれど、自粛生活が充実していましたとは言えないです。

(毎日息子とバトルしてたよ)

もちろん楽しかったこともありますけどね。

近所の天ぷら屋の天ぷらが美味しかったとか幼稚園から配信された動画を一緒に見て楽しんだとか。

緊急事態宣言は解除されましたが、今までと変わらずに手洗い・うがい・ソーシャルディスタンス! (ちょっと言ってみたかっただけ)で過ごしていきたいと思います。

暮らしのこと

フライパンでご飯を炊く

フライパンや鍋でご飯が炊けるのは大きな収穫でした。

今は新しく購入した十得鍋でご飯を炊いています。

普段は私がご飯を炊きますが、倒れて炊くことができない状態もあり得るわけで。

炊飯器を廃止するには夫がご飯を炊くことができるように共有する必要があるなと感じています。

炊飯器を廃止して鍋で炊いているご家庭は、そのあたりどのように共有しているのか気になります。

天然酵母でパンを焼く

我が家の周辺は小麦粉(強力粉)やドライイーストやベーキングパウダーが品薄です。

強力粉の買い置きはあったのですが、ドライイーストがなくなってしまいました。

ネットでもドライイーストが高額になったりしていて購入しづらいのですが、天然酵母は値段も変わらずに購入することができました。

強力粉ももう少しでなくなってしまうのですが、それまでは天然酵母でパンを焼いて毎朝の楽しみにしたいと思います。



息子のこと

スキップ

知らないうちにスキップができるようになっていました。

特に教えたわけじゃないのに。

「何で覚えたの?」と聞いたら、「youtube!」と答えていました。

見ただけで覚えるなんてすごい。

『カイト』をマスター

NHKのみんなの歌で流れている嵐の『カイト』が大好きです。

すっかりマスターし、真似しながら歌っています。

嵐が好きなようで、youtubeで手洗いソングや天皇即位記念式典で歌っている動画を好んで見ています。

トイレ

小はひとりでできるようになりました。

家では座ってしているんですが、夫と出かけたときに立ってすることもできたようです。

夜は念のためにオムツにしているんですが、この1ヶ月ほどおむつにすることはありませんでした。

したくなったら夜中に起きてトイレに行っています。

今使っている分がなくなったら、夜のオムツも卒業していいかなと思っています。



私のこと

モノを減らしたい時期に突入

家にいる時間が長かったので、「もっとモノを減らせないかな」「もっと簡単にできる方法はないかな」と考える時間が長かったような気がします。

クリームクレンザーと洗濯槽クリーナーとパイプクリーナーとトイレの流せるブラシを廃止しようかなとか思っています。

買い物もメモをしておかないとすぐに買い忘れてしまうので、消耗品の数を少なくしたい。

消耗品の数が少なくなれば、ゴミも少なくなるかなぁとか考えています。



緊急事態宣言が解除して少しずつ活動が再開されてきたとはいえ、新型コロナが流行る前の生活に戻ったわけではありません。

自分と家族にとって過ごしやすい方法を少しずつ作っていけたらと思います。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

十得鍋を買いました

テフロン加工の鍋を処分して、しばらくフライパンのみで過ごしていたのですが、さすがに不便だったので鍋を新しく購入しました。



選んだのは十得鍋です。



1.ステンレス製

テフロン加工とアルミ素材以外で探していました。

ステンレスなら万が一焦がしてしまってもゴシゴシ磨くことも可能です。

ステンレスなので多少重さがありますが、負担になるような重さではないです。



2. 持ち手が外せる

収納スペースが小さいので取っ手が邪魔になりがちなのと、冷蔵庫やヘルシオに入れる時に取っ手を外せたほうが便利だからです。

穴が開いている部分に取っ手の金具を入れます。

ロックすると下側の部品が閉じてしっかり固定されます。

以前使っていたニトリの取っ手の外せる鍋はどの部分でも取っ手を取り付けることができましたが、十得鍋は取っ手を取り付ける部分が決まっています。

多少不便を感じますが、慣れてしまえば気にならない程度だと思います。

取っ手の取り付けも簡単です。



3.同じシリーズでフライパンがある

今はテフロン加工のフライパンを使っています。

処分した鍋と同じ時期に購入したので、これも近いうちに使えなくなるはずです。

そのときに鍋と同じシリーズで購入できれば持ち手などを複数持つ必要がなくなります。



専用の鍋蓋を使うと無水調理ができるようですが、ひとまず今まで使っていた鍋蓋を使い回しています。

カレーを作った時に少しだけ焦げ付きましたが、酸素系漂白剤とお湯を入れてしばらく置いておいたらスッキリ落ちました。

むしろテフロン加工の鍋でカレーを作った時のほうが、洗っても油のぬるつきがいつまでも残っている感じがしました。



ステンレス鍋はテフロン加工の鍋に比べると高価です。

でもテフロン加工の鍋も買い換えればお金がかかりますし、その度にゴミになります。

初期費用はかかりますが、ステンレス鍋のほうが長く使えるのでコスパも良いのではないかと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

【読書】勝間式超ロジカル料理を読んで真似して作ってみました

勝間さんの本はこれまでいくつか読んできました。

この本は家事のなかでも特に料理について書かれた本です。

ヘルシオやホットクックを使って、簡単・美味しく作る方法やレシピがたくさん載っています。



この本に紹介されているレシピで真似して作ってみたのは『キノコのマリネ』です。

これ、簡単でとっても美味しいです!

この日はしめじ・エリンギ・まいたけで作りました。

サラダに乗せたり味噌汁に入れたりしています。

ただ残念なことに夫は野菜全般好きではないし、息子も決まった野菜しか食べないので、これは私一人でもりもり食べています。

作っておくと簡単に野菜を増量できます。




あとはルーを使わずにカレー粉で作るカレーも作ってみました。

レシピではホットクックもしくは無水鍋でと書かれていますが、我が家は両方持っていないのでスロークッカーで作りました。

とろみがないと夫には物足りないかな? と思い、レシピにはないですが、じゃがいもをすりおろして入れてみました。

ルーで作るよりもスパイスの香りと風味が強く、小麦粉なし&油少量なので胃もたれせずにいくらでも食べれそうなカレーに仕上がりました。

夫にも好評だったので今後カレーはルーなしにします。

カレー粉だとゴミも少なくなっていいですね。



ちなみにスロークッカーではない鍋でも作ってみましたが、スロークッカーで作ったほうが断然美味しかったです。

私も夫も味音痴なので多少の味の違いは分からないのですが、これは明らかに味が違いました。

スロークッカーだとゆっくり加熱をするので野菜の旨味が出て、味に深みが出るんじゃないかな? と思います。

カレーを作ることで、じっくりことこと煮込むことの重要性を初めて実感しました。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

やらないと決める、ノートと手帳を処分しました

何年も、手帳を使いこなしたい、手帳と一緒に過ごしたいと思い続けてきました。

手帳を使っている人って生活を充実させていて、なんだか素敵な日々を送っているイメージがあるのです。

昨年末に今年用の手帳を買ってみたのですが、やっぱり長続きしませんでした。



kindleで『メモの魔力』という本を読んでメモを取ろうとノートを買ってみたのですが、やっぱりできない。

手帳も、ノートも、見るだけでどんどん重苦しいものに感じるようになりました。



もう辞めよう!

出来ないものは出来ない!

どうしても必要に迫られて手帳を手にする以外は、手帳を持つのはやめよう。

記録をするならtwitterやブログで十分じゃないか。

手帳は処分し、ノートは切ってメモ用紙にしました。

ちょっとすっきり。

「出来ない、やらない」というのも気持ちよく過ごすのに大切なことだと感じます。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

フライパンでご飯を炊いてみました

炊飯器の内釜が少しずつ痛んできました。

買い換えると7000〜8000円。

消耗品なので、買い換えたものが傷んだらまた買い替えをすることになります。

その時に対応する内釜がまだ販売しているとは限りません。

本体ごと買い替えになる可能性もあります。

エコじゃないし、お金の無駄だなぁとも思います。



炊飯器が完全に壊れていない今だからこそ、色々なことを試してみるには良い機会だなと感じました。

以前から興味があった「フライパン(鍋)でご飯を炊く」に挑戦してみました。


参考にした動画

鍋でご飯を炊くのにネックになっていたのが浸水と火加減です。

浸水って必ずしないといけないの?

火加減が難しそう。

そんな風に思っていました。

そんな気持ちを軽くしてくれたのがこちらの動画です。

浸水時間なし、弱火のまま加熱し続けるので火加減の必要なし。

これなら真似できそうです。


フライパンでご飯を炊いてみよう

今回は26センチのフライパンを使いました。

普段はロウカット玄米を混ぜて炊いているのですが、初めてなので白米だけで2合分炊いてみました。

お米を研いで一度ざるに上げてからフライパンに移し、お水を450ml入れました。

動画と同じように浸水時間なしです。

蓋をして、火をつけます。

動画のように弱火で加熱していたのですが、沸騰するまでの時間がまどろっこしくなったので中火で加熱しました。

(せっかちなのです)

沸騰するまで約12分かかりました。



弱火にして動画と同じように8分加熱してみたのですが、蓋の隙間から覗いてみたら、まだちょっと水分が残っている感じだったので+2分加熱(合計で10分加熱)しました。

火を止めて、10分ほど蒸らしたら完成。

少しパサついている気がしましたが、(多分浸水していないから)普段食べているものと大して変わりないので問題なしです。


省スペース

我が家はコンパクトな壁付けキッチンです。

正直、炊飯器はかなりスペースを取ります。

フライパンや鍋でできるなら、そのほうがスペースを少なくすることができるので助かります。


知識として知っているのと実際やってみるのとでは大違い

例えば災害で電気が使えなくなった時に「鍋でご飯が炊けるのは知っているけれど、どうやればいいんだろう?」というところから始めると、ただでさえ非常時で不安になりやすい気持ちが更に追い詰められる気がします。

実際に鍋でご飯を炊いたことがあれば「あの時もできたから大丈夫」と少し気持ちが楽になると思うんですよね。

今回初めてフライパンでの炊飯を試してみるまで、「火でご飯を炊くのは難しいこと」だと思っていました。

でも実際にやってみたら思っていたよりも簡単でした。

時間や気持ちに余裕がある時に一度試してみても良いのではないかと感じました。


炊飯器、なくても良いのでは?

鍋でご飯を炊くのは保温できないというデメリットもありますが、我が家は保温を使っていないので特に問題なし。

(息子は熱いのが苦手なので冷ましてから食べさせているし、大人は冷めたら電子レンジで温めれば良いので)

予約できないのも不便かな? とも思ったのですが、台所で他の用事をしている間に出来上がるのであまり問題なさそう。

火加減も目安の時間でタイマーをつけておいて、中の様子を確認すれば良さそう。

炊飯器、なくても大丈夫かも。

試しに数ヶ月間、炊飯器なしで過ごしてみても良いかなと思っています。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

衣替えと購入計画

息子の服は枚数を少なくして(上下それぞれ3〜4着)、安いものを買い、基本的にワンシーズンで使い切るようにしています。

でもダウンジャンパーは一つ大きなサイズを購入していたり、モノによってはサイズ表示よりも少し大きめなモノがあるので、そういうものは次のシーズンも着るように保管しています。

保管するときはどんなサイズのものがどれだけあるのか、収納している収納ボックスにマスキングテープで書いておきます。



そして、今回は新たに一工夫してみました。

シーズンが始まる前にネットなどで購入できるように、カレンダーの余白に「何を何枚買うか」を買いておくことにしました。

(ついでに私の分も書いておきました)

ネットは「欲しい!」と思った時に購入できるのが利点ですが、シーズンが始まってから買おうとすると既に売り切れということがありがちです。

あらかじめ書いておくことで、早めに購入することができるかなと思っています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ