ひとひ

1歳子持ちずぼら主婦がシンプルな暮らしを目指します

息子1歳

先日、息子が1歳になりました。

こんなに可愛い子が自分から生まれたことが、いまだに信じられないでいます(笑)

私は親戚の中でも年下、数少ない友達も独身が多いので、身近に赤ちゃんがいたことがありません。

おむつを替えるのも、ミルクをあげるのも、すべすべの肌を撫で回すのも、初めての経験でした。

実家が近く、夫も協力的、義実家は口を挟まず可愛がってくれる、息子もほとんど病気をしなかったので、とても育てやすい環境ではあったと思うのですが、日に何度も「しんどい」という言葉が頭の中を駆け巡ることがありました。

「やっと」のような、「早かった」ような、とても複雑な気持ちです。

ミルクを上手に飲めずに「死んじゃうのではないか?」と思っていた息子が、今ではハイハイで部屋中駆け回っています。

大きくなったね。



誕生日当日は夫の休みが取れたので、自宅で写真撮影をしました。

飾り付けはセリアです。

飾り付けをするだけで、私のテンションが上がりました。



一升餅は背負わせたら泣きそうになっていました。

一升餅、結構重い…。そりゃ泣くわ。

選び取りカードは『筆』でした。

筆は『勉強熱心に』『文学、芸術の才能あり』だそうです。

息子、絵本は舐める専門ですが、そのうち好きになってくれるかな。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

掃除機のホースのつなぎ目に目印をつけました

新築なので、以前よりも「掃除をしよう!」という気持ちは高いです。
(実際にやるかどうかは別問題です)

以前よりも頻繁に掃除機をかけるようになったので、小さな「イラッ」を感じるようになりました。



小さなイラッの原因

我が家が使っているのはマキタの掃除機です。

細かいところを掃除するのに隙間ノズルを使ったり、階段を掃除するのにハンディータイプにしたあと、通常の状態に戻すと「角度が合わない」ことがあるのです。

ホースとヘッド部分の角度が合わず、掃除がしにくいのです。

まっすぐになるように気をつけているつもりなのですが、まっすぐにならない。

ホースと本体をがっちり固定する引っかかりがあれば毎回同じ角度でホースとヘッド部分をつなぐことができると思うのですが、マキタの掃除機は構造が単純なので、そのようなものはありません。


改善策

ホースのつなぎ部分にマスキングテープを貼り、→←をつけてみることにしました。

見た目は悪いですが、見える場所に置くわけではないのでOKです。

目印をつけたことでホースを元の位置に戻しやすくなったので、小さなイラッを解消することができました。


気づいたこ

家事をしていると小さなイラッを感じることがあります。

「あれの位置がもうちょっと近くにあるといいのに…」

「あれがもっと使いやすければ…」

こういう小さなイラッを解消していく作業というのは、とてもクリエイティブなことだなぁと感じました。

家事は同じことの繰り返しだと思ってしまいがちなのですが、私たち家族にとっての暮らしやすさを『作り出していく』ということなのですよね。

(でも料理に関してはクリエイティブなことだと思えずにいます。苦手意識が強すぎる…)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

タオルの適正枚数は何枚なのか?

みなさんはタオルを何枚所有していますか?

我が家は数えてみたら18枚ありました。

以前(共働きで洗濯は2日に1回だった頃)はもっと持っていました。

30枚くらい持っていたかも。

引っ越しの際の掃除に使ったり、切ってウエスにしたりしました。

少なくして18枚。

今は毎日洗濯をしているので、こんなに持っている必要がなさそうです。

何枚が我が家の適正枚数なのでしょうか?


一日に必要な枚数

まず一日に何枚必要なのか数えてみます。

私と夫はバスタオルではなく、フェイスタオルで体を拭いています。

なので2枚。

夫が夜勤明けで帰ってくるとシャワーを浴びることがあるので、+1枚。

洗面所、台所、トイレに各1枚で+3枚。

夜寝る前(洗濯機を回す前)に洗面所・台所・トイレのタオル交換をするので+3枚。

合計9枚のタオルは最低限必要です。

10枚あれば我が家のタオルは足りそう。

試しに10枚にして過ごしてみました。



今までのタオル交換

我が家は2階にキッチン・トイレ・ベランダがあります。

以前はタオルを洗濯して取り込んだ後、1階の洗面所のタオル入れに持って行って、そこに洗濯したタオルを仕舞っていました。

夜寝る前に、すでに畳んであるタオル(前日などに洗濯した分)を2階に持って上がって、キッチンとトイレのタオルを交換していました。


2階で干して畳んだタオル→全てを1階に持っていく→2枚だけ2階に持って上がる


これは効率が悪い。

それに寝る前にタオルを持って上がろうとすると忘れます。

途中で気づいて「あああ〜」となることが多かったです。


少なくしてからのタオル交換

枚数を少なくしたことで、洗濯が終わったタオル2枚を夜の交換用に残して、残りをタオル入れに仕舞うようになりました。

タオル入れに残っているものから順に入浴用と洗面所のタオルとして使っていけば、ほぼ満遍なく使うことができているはずです。


2階で干して畳んだタオル→2枚残して1階に持っていく


作業工程がひとつ減りました!

たった一つだけなのだけど、すごく楽になった実感があります。

夜、寝る前に「タオルを持って上がるのを忘れた!!」がなくなったからだと思います。


タオル収納

あとは、タオルを収納するのが楽になりました。

我が家はニトリのボックスを使っています。

以前は前日までに畳んだタオルを手前にずらしてから、今日畳んだタオルを後ろに仕舞っていました。

ずらすのも、枚数が多いから手間でした。

今はタオル入れに残っているタオルが少ないので、ずらす手間がほとんどありません。

それでもまだスペースが空いているので、息子のバスタオル(ガーゼ素材の薄いものです)を3枚入れることができるようになりました。

別に用意していた息子のバスタオル用の収納が必要なくなりました。


タオルの枚数を見直してみて

枚数を減らしただけなのに、家事の手間が大幅に減ったので、見直してみてよかったなと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

壁付けキッチンが思っていたより便利!

我が家は狭小住宅です。

いや、Instagramの #狭小住宅 を見ると「いやいやいや、これで狭小だったらうちは極狭住宅ですやん!」と、エセ関西弁が出てしまうくらいの広さです。

一般的に新築建売だと対面キッチンが多いと思うのですが、我が家は壁付けキッチンです。


(ちょっと見栄張って、きれいに片付けています)

壁付けキッチンのほうが部屋の広さを確保しやすいので、壁付けキッチンを採用することになったのだと思います。

私も「対面キッチンのほうがいいよね。本当は」と思っていました。

実家は対面キッチン。

アパートの時は2DKだったので、キッチンを一部屋として使っていました。



壁付けキッチンの難点としてあげられるのが、

・家具の配置

・キッチン内のごちゃごちゃが目に入りやすい

・家族の様子が目に入りにくい

だと思います。



まず家具の配置です。

壁付きキッチンでも部屋の広さがあるならば、対面キッチンのようにカウンターになる食器棚を配置すればいいと思います。

アパートの時は対面キッチンのように腰〜ウエストくらいの高さの食器棚を対面になるように置き、食器棚の上を作業スペースとして使っていました。

新居は部屋が狭いので、対面キッチンのような配置にするのはやめました。

少し離れた場所に食器棚を置きましたが、もともとが狭い家なので、それほど不便だとは思いません。

もし、キッチンですぐに皿を取り出したいのなら、キッチンのシンク下やガスコンロの下の収納にお皿を入れるのもありなのではないかと思います。



キッチン内のごちゃごちゃですが、家族で生活するには気になりませんが、やはりお客さんが来るときは気になります。

日頃から荒れ放題にならないように気をつけること。

前もって来客が分かっている場合は、生活感が出そうなもの(調理道具やアルコールスプレーやふきん)などを仕舞います。

さらにシンクの水気を拭き取ることで、ごちゃごちゃを緩和することができるかなと思います。

我が家はお客さんが頻繁に出入りする家ではないので、大変さを感じにくいかもしれません。



家族の様子が分かりにくいというのは、間取りによるかなと思います。

我が家の場合はキッチンの隣に和室があり、そこを息子の部屋として使っています。

すぐ隣なので様子を確認しやすいです。

ダイニングの椅子に座わらせている時はキッチンの真後ろなのですぐに確認することができます。

キッチンの背面に向かって細長い家だと家族の様子が分かりにくいかもしれません。



使ってみて便利だなと感じたことは

・配膳が楽!

後ろを振り向けばすぐにダイニングテーブルなので手間がかかりません。

「あ! お醤油出し忘れた」と思っても、すぐに取り出せます。


・ダイニングテーブルを作業台として使える。

私は料理の手際が悪くて、あっちもこっちもひっちゃかめっちゃかになるので、作業スペースは広いほうがありがたいです。


・目に見えやすいので片付けしようという気になる。

目に見えなかったらほったらかしになりかねないので、見えるほうが綺麗に保てる気がします。



住み始めるまでは「使いにくかったら嫌だな」と思っていたのですが、おおむね快適です!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

押入れのない部屋のお布団置き場

我が家にはお布団が入るクローゼットがありません。

しかし息子の寝相が悪くてベッドで寝るのは転落などの危険があるので、お布団を使っています、

引越し前にもお布団収納について検討をしていました。

ネットを色々見て、検討した結果、このような形になりました。
(このような形でお布団を収納している方を見つけたので、真似させていただきました)



買ってきたのはカインズホームのキャスター付きのすのこです。

これを3つ、結束バンドで繋げます。

この上にお布団を畳んで載せています。



寝室の隣の部屋は将来息子の部屋として使う予定なのですが、今はまだ空き部屋なので、そこにお布団を置いています。

奥のジョイントマットを敷いている部屋に寝ています。

キャスターが付いているので掃除の時に移動することもできます。

まだお布団も夏仕様なのでこの方法で十分なのですが、冬になって、羽毛ぶとんなどを使うようになってもこの方法を続けられるのか検討が必要です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

殺風景な部屋に花を飾ってみました

新居に義両親がやって来ることになりました。

義両親は車で1時間ほどの距離に住んでいるのですが、我が家に来たのは一回だけ。
(アパートに住み始めたときに、どんなところに住んでいるのか見に来ただけでした)

そのかわり、年に何度か義両親の家へお邪魔させていただいています。



義両親の家にお邪魔するたびに思うのですが、綺麗! そしてセンスが良い! のです。

掃除が行き届いていて、小物類(お義母さんが作ったと思われる刺繍含む)がセンス良く飾られているのです。

かたや、『気合を入れないと掃除ができない』『小物を飾るセンスがない』『小物類を飾らないので殺風景な部屋』です。

とほほ。



今さらセンス良く飾り付けするのは不可能なので、せめてもと思い、いつもよりも丁寧に掃除をしました。

twitterで「花を飾ると華やぎますよ」とアドバイスをいただいたので、花と小さな花瓶を買って来ました。

玄関と台所に飾りました。



義両親とはたまにしか会わないし、お互いに遠慮をしている部分はあると思うし、私は口下手でうまく喋れないのですが、少しでも歓迎している気持ちを表せたらいいなと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

冷蔵庫の卵入れをなくしてみました

卵は切らさずに常備しています。

何もないときに卵かけご飯にしたり、一品欲しいなというときに玉子焼きをしたり、野菜と一緒に炒めたりします。

冷蔵庫にあたりまえのように備え付けられている卵入れ。

私も夫もズボラなので、卵パックのまま冷蔵庫の卵入れに入れてしまいます。

いつもいつもそうやってきたのですが、ふと思ったのです。



卵パックに入れているなら、卵入れいらないんじゃない!



(´⊙ω⊙`)!



こんな感じですよ。

目から鱗。

さっそく取り外して、卵パックのまま入れてみました。



違和感なし!

卵入れはさようなら〜



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ