ひとひ

ひとひ

ずぼらだからこそシンプル&ミニマムに

靴下の穴をダーニングで塞ぎました

20代の頃から冷えとりをしています。

やめた時期もあるのですが、今はゆる〜くゆる〜くやっています。

私の場合は足元を暖かくするほうが体調が良いです。



裏側が絹、表がウールの靴下を履いています。

靴下にしては高額です。

靴下は消耗品なので、どうしても破れてきてしまいます。

ああでも、高かったし、この穴さえなければまだ履けるのに!



以前テレビで見た『ダーニング』という穴を塞ぐ技法を試してみることにしました。

縦糸を張り、横糸を交互にくぐらせて布を織るようにして穴を塞ぎます。

ネットには、それはそれは素敵なダーニングの写真がいっぱいあります。

専門の本もあります。

読んでみたいなぁ。




ネットでおおよそのやり方を確認して、材料を用意しました。

糸(手芸屋で購入。細いものの方が良いらしいです。特に今回は靴下なので、履いた時に違和感を感じないように極細のコットン糸を用意しました)

毛糸用針(DAISOで購入。一番細いものを使いました)

水筒(本当は『ダーニングマッシュルーム』という専用の用具を使います。こけしや電球でも代用できるそうですが、それすらないので水筒を使いました。案の定やりにくかったです)



穴あきはこんな感じ。

縦糸を張ります。

そして横糸を交互にくぐらせます。

糸が細いので、上だか下だか分からなくなったり、2本一緒にくぐらせてしまったりしましたが、細かいことは気にしすぎないようにしました。



出来上がりはこんな感じ。

違う色を使うと、布を織っているようにしているのがよく分かりますよね。

多少いびつでも、それが味になっているような気がします。



私は手芸が苦手だし、普段から手芸をしません。

ミシンもないし、裁縫箱の中にはボタンつけができる程度の道具しか入っていません。

でも、ひさしぶりに手芸をして、とっても楽しかったです。

細々と手を動かしていると日常のアレヤコレヤを忘れられるし、出来上がっていく喜びを感じました。

これで靴下もまだ履けるし、また破けたらダーニングで穴を塞ごうと思います。

早く穴開かないかなー、なんてね。





▼エキサイトさんの【もの、ごと。】に参加させていただくことになりました。 ブロガーさんたちの知恵がたくさん詰まってます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

我が家にプラレールがやってきた

車派だった息子、ついに電車にも興味を示し始めました。

これまで電車のおもちゃは家になかったので新しく買うことにしました。

DAISOにも電車のおもちゃがあるのですが、我が家はプラレールを買うことにしました。


プラレールを選んだ理由

息子、だんだん物の扱いが丁寧になってきましたが、まだ物を投げたりすることがあります。

プラレールのほうがしっかりした作りだろうし、多少乱暴に扱っても壊れないのでは? と思いました。

車両同士を連結させる部分が壊れやすいみたいですが、換えのパーツも販売してあるので安心です。

プラレール 連結部品

プラレール 連結部品



初めて購入したプラレール

初めて購入したのはこちら。

プラレール N700A新幹線ベーシックセット

プラレール N700A新幹線ベーシックセット


Amazon primeに登録している方は、断然Amazonが安いです。

新幹線とレールのセットです。

レールは途中で切り替えができたり、駅で停車させることもできます。

他にも駅のパーツ、トンネル、信号機、小さな人形も付いていました。

初めてのプラレールにはもってこいのセットだと思います。


電車と坂道レールを買い足し

息子が気に入ったようだったので、電車とレールを買い足しました。

プラレール S-15 成田エクスプレス

プラレール S-15 成田エクスプレス

成田エキスプレスは夫チョイス。

(カッコイイからという理由らしいです)



プラレール のぼりおりを楽しもう! 坂レールセット

プラレール のぼりおりを楽しもう! 坂レールセット

坂道って面白いですよね。

息子も楽しそうに電車を走らせています。

ただし、坂道レールの難点は、黄色の橋脚?の上にレールを乗っけているだけなので、ちょっとぶつかると橋脚がずれてしまうことです。

レールの継ぎ目に橋脚がないと電車の重みでレールが外れてしまいます。


線路は組み立てっぱなし

普段、プラレールの線路は組み立てっぱなしです。

だって、組み立てるのが難しい!

掃除をするときは橋脚を外して、完全に壊さずに、ずらしながら掃除しています。

息子もまだ組み立てて楽しむという年齢ではないので、しばらくは、常にレールを組み立てたままになりそうです。



組み立てて遊ぶようになったら、基本的な組み合わせがすぐにできるように、テプラで番号をつけるのもいいなと思っています。






▼エキサイトさんの【もの、ごと。】に参加させていただくことになりました。 ブロガーさんたちの知恵がたくさん詰まってます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

軽やかな自分になる! Twitterとブログを繋げる

ブログは始めてから1年ちょっとですが、Twitterは息子を妊娠した時からなので2年半くらいになります。

Twitter自体は消してしまったアカウントを含め5年以上前からやっています)



文章って、その人らしさが出ますよね。

会ったことはなくても『こんな感じの方かしら?』と、なんとなーくイメージしながら読んでいます。

多分、この文章だって、私っぽい感じになっているのだろうと思います。

(どんなイメージで読んでもらっているのか、ちょっと興味があります)



ブログではなるべくネガティブなことは書かないように、乱暴な言葉遣いをしないように気をつけています。

一方Twitterはというと、がっつりネガティブ! すぐ凹む! 怒る! いつでもだるい! という、ブログとは真逆のことをしています(笑)



でも、なんというか、人間って多面的ですよね。

ブログで書いているように『日々を改善していきたい!』という自分と『育児大変、寝ていたい』とTwitterで書いている自分の、両方とも自分の一面なわけです。

私がブログやTwitterを読んでいて魅力的だなぁと思う方って、良い意味で多面性を感じる方が多いような気がします。

そして、オープンで軽やかな雰囲気を感じています。



私はというと、『わりと閉鎖的』だと思っています。

Twitterは育児垢でネガティブなこともガンガン書くから、シンプルライフを目指すブログと方向性が相容れない』と思っていました。

でも、私はオープンになりたい!

前向きに頑張っていきたい私も、育児でヘトヘトの私も、どちらも『私』なんですよね。



なので、ブログにTwitterのフォローボタン、TwitterにブログのURLを記載することにしました。

(前置きがすんごい長い!)

他人から見ればたかがそれだけのことなのですが、何日も考えて、『よし、一歩踏み出そう!』と勇気を出してみることにしました。

(こうやってグダグダと考えているところが私らしい気がしますが)



フォローしていただけたら嬉しいです!



そして、(おっかなびっくり、ご迷惑じゃなかろうかと心配しつつ)Twitterをしているブロガーさんをフォローさせていただくことにしました。



Twitterでも、どうぞよろしくお願いします!





▼エキサイトさんの【もの、ごと。】に参加させていただくことになりました。 ブロガーさんたちの知恵がたくさん詰まってます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

1歳9ヶ月からのコップ飲みの練習

1歳6ヶ月検診の問診票に『コップで飲み物を飲めますか?』という質問がありました。

息子、コップ飲みができなかったので、【できない】に丸をつけました。

ちなみに私が住んでいる自治体では、検診時にコップ飲みができないことについて指摘されることは全くありませんでした。

(ちょっとホッとしました)



検診前に何度かコップ飲みにチャレンジしたのですが、コップから水をこぼしてしまうと『失敗してしまった〜』と泣いてしまいました。

「こぼしてもいいんだよ。拭けばきれいになるよ」と伝えても、こぼすとナーバスになってしまう。

泣くほどの失敗体験を何度も繰り返すのもつらいだろうし、濡れた服を着替えさせるのも大変だなぁと思ったので、「夏になったら練習をしよう」と、コップ飲みの練習をお休みしていました。


コップ飲みの練習再開

息子1歳9ヶ月、コップ飲みの練習を再開しました。

それまでに何も入っていないコップを飲む真似をしていたので、イメトレはバッチリだったはず。



コップ飲みの練習に小さな紙コップを使うといいというのをネットで見たので、小さな紙コップに水を少しだけ入れて練習しました。

このコップです。

お猪口がある方は、お猪口も練習しやすいと思います。



コップのフチを唇で挟むというのはできるのだけど、コップを自分で持つことすらしてくれませんでした。

コップのフチを唇で挟んだまま俯いて顔も上げず。

そこで私がコップを持ったまま、「そのまま顔を上げるんだよ」と息子の顎を少し持ち上げて飲ませました。

(私は中身の見えない紙コップを使いましたが、透明なプラカップだと中の水を飲んでいるのか分かりやすいんじゃないかなと思います)



それでコツを掴んでくれたようで、自分でコップを持って飲めるようになりました。

2〜3日は服を濡らしていましたが、1週間もしないうちにコップ飲みをマスターしました。

(練習を再開してからは床に水をこぼしてもナーバスになることはありませんでした。あれはなんだったのだろう?)


物事を習得する最適な時期がある

1歳9ヶ月でコップ飲みをマスターというのは、おそらく遅めなのだと思います。

頑張って練習をすればもっと早くコップ飲みができるようになったかもしれません。

でも、早い時期に練習を始めていたら、なかなかコップ飲みができない息子にイライラしたり、息子もコップで飲むことが嫌いになっていたかもしれません。

でも、あえて時期を遅らせて練習をしたことで、練習期間も短くすみ、お互い気持ちよく練習ができたと思います。



周りの子ができたり、検診の問診票に『できますか?』と書かれていると焦ってしまいます。

でも、子どもによって発達具合は違うんですよね。

頑張って練習して出来るようになることで自信をつけるタイプの子もいるし、失敗しつづけると自信をなくしてしまう子もいるわけで。

あえて出来そうな時期まで待ったっていいんだよなぁと感じました。





▼エキサイトさんの【もの、ごと。】に参加させていただくことになりました。 ブロガーさんたちの知恵がたくさん詰まってます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

コップを買い換えたことでスペースにゆとり、手間も省けた

食器の収納場所を変えたことで、スペースがかなり小さくなりました。

すでに満員状態。

食器は少なめだと思うし、どれも主力なのでこれ以上処分できません。

(重ねて収納すればまだ入りますが、違う種類のお皿を重ねると、取り出すのも仕舞うのも大変になります)

収納場所にもう少し余裕が欲しい。

なので、コップを買い換えることにしました。




今までは私が実家から持ってきたものや、夫が100均で買ったものを使っていました。

大きさがバラバラ。

少しでも収納場所に余裕を持たせるために、スタッキングできるマグカップを使うことにしました。



選んだのはDAISOのマグカップです。

個数は4個。

息子はまだ子供用のプラスチックカップを使っていますが、大人と同じものを使いたがる子なので、すぐに使うようになると思います。

もう一つは実家の母が頻繁に来るので母の分です。



以前は「このマグカップは夫用、このマグカップは私用」と分けていました。

でも今度から『誰のモノと決めない』ことにしました。

これがすごく便利でした!

以前はちょっと洗い忘れた時に「面倒だな」と思いながら自分用のマグカップを洗ったり、母が来た時にわざわざ母用のマグカップを収納から取り出して使っていました。

でも『どのカップもみんなで使う』ことにしたら、それぞれのカップを用意する手間がなくなりました。



カップを買い替えたことで収納スペースにゆとりができ、なおかつ手間も省くことができてよかったです。

水筒は軽くて洗いやすいnalgene(ナルゲン)ボトルを使っています

猛暑が続いていますね。

熱中症で亡くなられる方もいたり、病院に運ばれたというニュースも毎日のように耳にします。



うちの息子は『お外行きたい小僧』なので、元気な時はほぼ毎日のように自転車で児童館に行っています。

ミルクを飲んでいた頃に比べれば荷物は減りましたが、まだまだ身軽とは言えない荷物の量です。

荷物はなるべく小さく軽くしたいので、私の水筒はnalgene(ナルゲン)ボトルを使っています。

nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口0.5L トライタンボトル スレートブルー 91303

nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口0.5L トライタンボトル スレートブルー 91303

100均でも同じようなプラスチックボトルが売っています。

私もこれを買う前は100均のボトルを使っていました。

安さで言えば断然100均ですが、ナルゲンにはそれを上回る使いやすさがあります。


ナルゲンのいいところ、パッキンがない

ナルゲンはパッキンがありません。

100均のボトルはパッキンを無くして水漏れしてしまいましたが、ナルゲンはパッキンがないのに水漏れしません。

そもそもパッキンがないので、うっかりなくしてしまうなんて心配もありません。


ナルゲンのいいところ、食洗機OK

食洗機で洗えます!

ものぐさにはありがたい!

保温保冷水筒には様々なパーツやパッキンがあったり、細かい溝なども多いですが、ナルゲンはボトルとフタしかパーツがありません。

なので手で洗うときも楽々洗うことができます。


ナルゲンのいいところ、軽い!

私は冷たい飲み物があまり得意ではなくて、常温のものが好きです。

なので一般的な水筒のように保冷機能は必要ありません。

そのぶんとっても軽いです。

息子と一緒だと荷物が多いので軽いのは嬉しい!

大きさも500mlのペットボトルとほぼ同じです。



アウトドアとは無縁の生活ですが、アウトドアブランドのものって機能的なんだなぁと実感しました。





▼エキサイトさんの【もの、ごと。】に参加させていただくことになりました。 ブロガーさんたちの知恵がたくさん詰まってます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

息子の発熱、家事を助けてくれる家電

息子、珍しく熱を出しました。

(今は熱も下がり、鼻水と咳が少し残る程度です)

私にべったりで、そのうえ不機嫌。

かと思えばあちこち動き回る。

私がちょっとでも離れると手を引っ張って連れ戻そうとしていました。



夫は朝早くから夜遅くまで仕事で不在だったのですが、実家の母が手伝いに来てくれました。

母と交代しながら、なんとか看病と家事をこなすことができました。

でも、私も熱を出したり完全にワンオペだったら自分の身の回りのこと(入浴や食事)もままならないし、家事(洗濯や食事の用意などの最低限のこと)もほとんどできなかったと思います。



『生活していくのに必要な最低限のことすらできない』というのは、ワンオペ育児の怖さだなと感じました。

『私がいなくても生活をしていける』環境を整える必要があると痛感しました。


家にあってとても助かった家電

備え付けの食洗機があるのですが、それにはとても助けられました。

食器を入れるわずかな時間さえ確保できれば、あとは自動で洗って乾燥してくれる。

手洗いをしてもそれほど多くの時間を使うわけではありません。

でも、ちょっとでも離れると機嫌の悪くなる時には、手洗いをする時間すら確保するのが難しかったので、食洗機にはとても助けてもらいました。


私がやらないと回らない家事、洗濯物

夫、洗濯機は回しますが、『干す・畳む・片付ける』ということはほぼしません。

特に『干す』のが苦手らしい。

というのも、我が家は部屋干しなので干すスペースが狭く、かなり頭を使わないと干しきれません。

(私は慣れたのでそれほど頭を使わずに干せますが)

本当は適当にやっても干しきれるくらいのスペースがあればいいのですが、こればっかりはどうしようもありません。

慣れていない夫だと干すのが難しいらしいのです。

それに、夜遅くに仕事から帰ってきてクタクタのところ、お風呂掃除をしたあと(お風呂掃除は夫の分担)に洗濯物を干すというのは、なかなかハードルが高いのではないかと感じました。



それにたとえ病気じゃなかったとしても、私自身、洗濯物を干すのすらしんどい時があります。

『干す(乾かす)』という工程だけでも家電がやってくれたらどんなに楽だろうと考えるようになりました。

私はほぼ家にいるし、贅沢品なのかもしれないですが、洗濯乾燥機の導入を本気で考え始めています。



機械でカバーできるところは機械でカバーしてもいいんじゃないかと思うんですよね。

家事に時間を使わなくて済むので気持ちに余裕が生まれるから、息子にも(夫にも)気持ちよく接することができると思うんですよね。



息子が熱を出したことで、家事の効率化とか、どうやって共有化していったらいいのか考えるきっかけになりました。





▼エキサイトさんの【もの、ごと。】に参加させていただくことになりました。 ブロガーさんたちの知恵がたくさん詰まってます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ