ひとひ

ひとひ

シンプルに楽に、暮らしをアップデート

水出しコーヒーのフィルターをさらしで作ってみました

夫がアイスコーヒーをよく飲むので、水出しコーヒーを作っています。

今まではスーパーで売っているお茶パック(出汁取りパック)にコーヒーを入れて作っていました。

消耗品の数を少なくしたいのと、ゴミを少しでも少なくしたいので、さらしで水出しコーヒー用のフィルターを作ることにしました。



お茶パックと同じような形状にします。

うちにはミシンがないので手縫いします。

布の端を三つ折りにするのがめんどうだったので、袋縫いすることにしました。

f:id:nobuevery:20200714154650j:plain

出来上がりと同じ状態に布を折り端を縫います。

糸が入っているところがコーヒーを入れる入り口で、ハサミが入っている部分が折り返して蓋になる部分です。



f:id:nobuevery:20200714154905j:plain

表裏をひっくり折り返して、もう一度端を縫います。

この時点では蓋になる部分は内側になっています。



表裏をひっくり返してできあがり。

f:id:nobuevery:20200714155104j:plain

(ちょっと縫う部分を失敗して布の端が飛び出していますが、自分で使うので問題なしです)



大きめのほうがコーヒーかすを取り出しやすいです。

小さめのものも作ってみたのですが、コーヒーかすを取り出すのが大変でした。



ほんのちょっとの手間ですが、消耗品を減らすことができたし、ゴミもほんのちょこっと減らすことができました。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ